×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セカンドハウスローン金利選択型(千葉銀行の場合)

« セカンドハウスローン三菱東京UFJの場合 | メイン | オリックス信託銀行、不動産投資用セカンドハウスローン »

セカンドハウスローン金利についてですが、様々なパターンがあります。

ちば銀行の金利選択型セカンドハウスローンですが、

アパートローンと同じように金利選択型のローン商品になります。

金利選択とはどのように選択出来るのでしょうか?

内容を簡単に紹介しますので参考にしてください。



ちばぎん金利選択型ハウスローン


以下条件を全て満たす”個人のお客様”
 1.貸し出し時の年齢が20歳〜70歳
 2.原則として安定収入がある
 3.ちばぎん保証鰍フ保証を受けられる
 4.所定の団体信用生命保険に加入出来る。


以上ですが、注意点もそれ程ありませんが、事業法人の不動産投資用ローンなどには使えないという事になりますね。
個人でも安定収入がないとキビシイです。まあ当然といえば当然ですが・・莫大な資産があればどうとでも出来ます。その場合はそもそもローンを使わないでしょうが・・


資金使途

本人が常住しない不動産に関する次の資金について利用出来る
 1.別荘などセカンドハウスの新築、購入資金
 2.セカンドハウス用土地購入資金
 3.上記の物件取得に伴う付帯設備、火災保険料、保証料などの諸費用

以上も特に注意点はありません。火災保険や保証料など諸費用は固定資産購入時は意外とかかるケースが多いのでしっかり計算して利用が必要かどうか検討しましょう。一元化の方が後々の管理は楽です

貸出期間、貸出方法、貸出単位、返済方法、返済額

一年以上35年以内、完済時に75歳未満である事

貸出は一括貸出で5000万以内で10万円単位

返済は元利均等毎月返済でボーナス返済は返済額の50%まで利用可能


金利について


変動型と固定型を選択可能

変動金利 
・年に2回4月と10月にローン基準金利を参照し、それをベースに6月と12月から金利を変更する。
 ・固定金利に変更する事は可能だが別途変更手数料(5250円)などがかかる

固定金利
 ・固定金利の選択時の金利を適用。3・5・7・10年から選択する。
 ・解り易いのが良い場合はコチラ


計算方法
 ・基本的には月賦式で計算

 ・以下の場合は1年を365日とした日割により計算します。
 
 1.借入日から第1回返済日までの期間が1か月未満の場合の約定利息
 2.繰上返済の場合の未払利息
 3.遅延損害金

金利については窓口に問い合わせてください。


特に注意点はありませんが、最新の情報は気軽に問い合わせてみてください。

ちばぎん金利選択型セカンドハウスローン


サイトTOPへ

スポンサードリンク

RSS

ウェブ検索

カスタム検索